こんにちは!

東京都世田谷区梅ヶ丘にある
整体院てごころ 院長の七戸勇仁です!

今日は
「ストレスが身体を壊していく・・・!?」という話をしたいと思います。

 

ストレスを否定し続けると

前回のブログでもお話ししましたが
「ストレスを否定した場合」は身体に悪影響が出てしまいます。

ストレスを否定し続けると
実際に身体にはどんなことが起こっているのかというと

体中の関節や骨に「歪み」を作ったり
体中の筋肉を「硬く」してしまうのです!!

 

なぜ否定すると身体に影響が出るの?

さて、ではもっと詳しく話していきたいと思いますが

自分の感情やストレスが否定されるというのは
自分自身を抑え込もう(抑圧)とする状態になります。

抑え込もうとする状態をもっとわかりやすく言うと
自分の身体を守ろうとする反応が起こっているのです

 

この守ろうとする反応は大きく分けると
2つの「とうそう」に分かれます

・闘争反応(戦おうとする)
・逃走反応(逃げようとする)

この2つの反応は
戦うか!逃げるか!
なので、相当に緊急な反応でもあります。

 

この緊急な反応が起こると
どちらにせよ、身体がすぐにでも動けるような状態にしなければなりませんので

血圧や血流、呼吸も上がって
体中に力が入って・・・

という緊張状態になります。

 

これが本当に戦う場面でなら
とても良い状態なのですが

ただ日常の中で、自分の心を否定したことで起こってしまったのなら
それは身体にとって負担でしかないのです・・・

 

守る姿勢で「歪み」や「硬さ」になる!?

だいぶ深めな話になってきましたが・・・

そんな常に緊張した状態でいると
身体はどんどん守りの姿勢になっていきます

 

守りの姿勢とは
特に人体の弱点でもある前面(首、お腹、生殖器)
を守ろうとする姿勢です

つまり、前かがみの猫背のような状態です。

そうなると
どんどん緊張で身体はこわばっていくし
どんどん姿勢は崩れていきます

 

結果、そんな状態が続いてしまえば

筋肉は「硬く」なってしまい
姿勢は崩れて関節が「歪んで」しまいます
(実はこれ以外にも「歪む」理由はありますが、また今度!)

 

ということで、長々と説明してきましたが

ストレスや感情を否定すると

身体は「歪み」「硬く」なる

ということが分かっていただけたでしょうか?

 

そしてさらに、ここが重要なとこですが

身体に「歪み」や「硬さ」ができることで
腰痛や五十肩、頭痛などなど
様々な病気や症状の原因になってしまいます!

 

そう考えると・・・

例えば腰痛でも

「腰」が原因なのではなく
ストレスによってできた「歪み」や「硬さ」

が原因だとしたら

「腰」に対して何かをしても良くはならないし
「歪み」や「硬さ」、そしてストレスを改善しなければ

腰痛は良くならない! ということになりますね!!

 

また、腰痛に限らず
他の病気や症状も同じことが当てはまります。

 

ということで今回は

ストレスは身体を歪ませ

様々な病気や症状の原因になる可能性がある!

これを覚えておいて頂けたらと思います!

 

また次回のブログもチェックしてみてくださいね!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました


The following two tabs change content below.
七戸勇仁

七戸勇仁

整体院てごころ院長。あなたに合わせたオーダメイドな方法を選択し、根本を取り除く優しいソフトな施術を行います。 ポキポキするような怖い施術、電気を当てるだけ、強く押す揉み返しのあるマッサージは行っていません。

整体院てごころの施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
整体院てごころは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 03-3706-3023 受付:9:00~20:00
定休:土曜・日曜(祝日は不定休)
最寄り駅:小田急線 梅ヶ丘駅徒歩1分