こんにちは!

東京都世田谷区梅ヶ丘にある
整体院てごころ 院長の七戸勇仁です!

今日は
「痛みについて知ってほしい事」
という話をしたいと思います。

 

 

痛みがある理由は

多くの方々が様々な痛みに悩まされています。

「痛みなんてなければ、苦しまずにすむのに・・・」

そう思う方もいらっしゃると思います。

 

じゃあ、痛みという機能はなぜ存在するのか?

と考えてみると

 

簡単に言ってしまえば

「痛み」は人を守るためにあります

 

例えば、極端な例ですが

壁を思いっきり殴ってみて

全く痛みがなければ、そのまま殴り続けられるし

もっと強く殴ることもできます。

 

ですが、痛みがあるからこそ

それ以上は殴らないし、もっと弱くするし

そもそも、殴ったら痛いとわかってるので

殴ろうと思わなかったり、弱めに殴ったりと調整ができるのです。

 

「痛み」という感覚があることで

自分の身体の状態を知ることができ

自分の身体を守ることができるのです。

 

つまり、痛みが出ているということは

身体になんらかの問題が起きている

教えようとしてくれる反応でもある訳です!

 

 

あえて腰に痛みが出てる?

痛みという感覚からしたら

そりゃ出ないに越したことはない訳です。

 

痛みを出さなくてよい状態なら

わざわざ出す必要はないからです。

 

ですが、痛みという感覚を出さなければいけないほど

身体の状態に問題が起きているのです!

 

日本では多くの方が腰痛もちで
腰痛大国なんて言われてもいます

腰痛もちの人は確かに多いのです

 

でも、腰に痛みが出るのだってちゃんと理由があるはずです。

日本だから、腰に痛みがでる種族だから、ではなく

腰に痛みを出している理由があるのです!

 

腰に痛みを出さなければ

気付いてもらえない身体の問題があるのです!

 

あえて、腰に痛みを出しているわけです。

 

 

痛みは悪い物??

痛みという感覚は

必ず理由があって出ているのです。

 

腰に関して言えば

腰痛と言っても、筋肉だけでもいくつかあるし
靭帯や関節周囲の組織などなど

腰痛でも痛む部位に違いはあります。

 

ここを押したら痛い痛くない

こう動かしたら痛い、痛くない

こんな時に痛い、痛くない

のように、様々な部位や動き、状態によってそれぞれ違うし

 

それぞれ、人によって違うことが

とても重要なことなのです。

 

 

身体は痛みを使って問題を教えてくれているのです

 

○○したときに痛い

のであれば、○○したときにあえて痛みを出しているわけで

それが身体の問題を知るためのヒントなわけです。

 

骨折をしているときの痛みと

ただぶつかっただけの痛みが

強さもタイミングも一緒だったら問題がわからないですよね?

 

だから、骨折したときは

痛みは強いし、何をするときも痛いし

ぶつかっただけのときは

痛みは弱いし、その時だけ

 

ちゃんと身体は、痛みを使って

身体の状態を教えようとしてくれているのです。

 

痛みがあるのは辛いし苦しいので

痛みは悪い物だと思いがちですが

 

実際は私たちにとって重要な存在であり

ある意味、良いものなのです。

 

 

痛みという身体からのお知らせを

素直に受け取ってあげてください

 

そして、痛みを解決するための行動をしていくことが

とても大切なのです。

 

 

改めて、「痛み」というのは

身体を守る大切なもの

だと知っておいてくださいね!

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

整体院てごころ 七戸勇仁


The following two tabs change content below.
七戸勇仁

七戸勇仁

整体院てごころ院長。あなたに合わせたオーダメイドな方法を選択し、根本を取り除く優しいソフトな施術を行います。 ポキポキするような怖い施術、電気を当てるだけ、強く押す揉み返しのあるマッサージは行っていません。

整体院てごころの施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
整体院てごころは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 03-3706-3026 営業時間:10:00~20:00
定休:土曜・日曜(祝日は不定休)
最寄り駅:小田急線 梅ヶ丘駅徒歩1分